2011/07/01にての記事

このアプリ、タイピングやフリック入力を介さずに、アイディアや頭にある言葉をテキストに起こすツールとして使えそうです。

 使い方は簡単。アプリを起動して、録音ボタンを押すだけ。あとは普通の口語で喋り、「、」(てん)や「。」(まる)、改行といったキーワードを織り交ぜながら話しかけると、1セッション60秒まで連続して認識させることができるが、続けて何度も1つの認識させながら文章を完成させることができる。文字列をタップすれば削除、もしくは他の候補を選択することができる他、キーボードを使った修正をすることもできる。

http://www.tarosite.net/iphonestock/dragon-dictation--.htmltarosite.netの記事より

iPhone/iPod touch
およびiPad互換で使用できます。

http://ascii.jp/elem/000/000/588/588266/
 
 
2011/10/15
iphone4sにて、これを試してみました。

かなり使える認識率です。健聴者には入力補助装置的位置づけですが、家族での会話で簡単に要件の受け渡しする時に役立ちます。

電話は常に携帯していて、さらにノート&ペン系がなくてもいいというのがお薦めドコロです。

さすがに阿波弁の
「まけまけいっぱい」は表記間違いしていましたが。