北京週報より


中国はこのほど、完全に独自の知的財産権を持つ人工内耳を上海で発表し、オーストラリア、米国、オーストリアなど数カ国による技術独占状況を一挙に打破した。価格は輸入品の半額以下となる見込み。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

中国には現在2000万人以上の聴覚・言語障害者がいる。うち重度の聴覚障害者は約800万人で、毎年3万人前後の先天性聴覚障害児が出生している。

重度および極めて重度の聴覚障害の聴覚回復において、人工内耳は現在世界的に認められている唯一の効果的な技術。人工内耳は内耳内に長期間埋め込むことができ、音声と電気信号の変換装置によって、蝸牛殻内の失われた有毛細胞の機能を代替し、聴神経を直接刺激することで、大脳に再び聴覚を生じさせる。だが、聴覚障害者に福音をもたらすこのハイテク製品は、これまで3〜4カ国による独占状況が続いてきた。


中国科学院の院士でもある復旦大学附属眼耳鼻咽喉科病院の王正敏教授らは、10年近くの研究を経て、独自の革新技術と特許を持つ中国初の「多重チャンネルプログラム型人工内耳」を開発、各種の指標で世界の先端レベルに達した。3年近くの努力を経て、同技術は安定性と量産面の難関を突破。すでに量産準備が整っており、当面は年間2000セットを生産できる見込みだ。


「人民網日本語版」2008年1月14日より


従来の人工内耳の電極アレイを内耳の蝸牛に挿入した方式ではなく、直接聴神経に挿入する方法だそうで、

その結果、新しい人工内耳の装用者は騒音下でもクリアーに聞こえ、音楽も楽しめ、方向性もわかる、電池も長持ちするという具合になるらしい。

ただし、まだモルモットと猫の試験の結果で、早急に実用化するものではないのですが、将来は明るいですね。

Deafness Research UK "soundbite19" July 2007
Middelbrooks教授
Nucleus 24人工内耳システムに対応した新しい対外装置「Nucleus FreedomTM 」
サウンドプロセッサが厚生労働省より薬事承認されました。

1)新規装用者
厚生労働省の手続きの関係上、10月1日から健康保険が適用される見込みであるため、それ以降に手術を受けると健康保険適用でフリーダムが装用できる予定。

2)既N24装用者
N24装用者には、2台目のスピーチプロセッサとして9月3日(月)より購入の申し込み受付を開始する予定。
※N24装用者には9月初旬に案内する予定とのこと。
※注文が殺到した場合、実際に手元に届くまでに時間がかかる可能性があるとのこと。

N22用のフリーダムの開発も追ってすすめられているのではないかと思われます。

http://www.cochlear.co.jp/2370.asp
2007/06月情報

■人工内耳の機器紹介
 人工内耳メーカーは世界に3社。
 オーストラリア・コクレア社、アメリカ・アドバンスドバイオニクス社
 オーストリア・メドエル社で、日本で認可されているのは、コクレア、A・バイオニクス社。

■人工内耳適応
 1歳6ヶ月から装用手術を受ける事ができます。
 徳島では徳島大学病院にて。
・初診から手術まで
 入院から2〜3日後に手術。術後7日〜10日で抜糸・音入れ。で退院。
 通院可能な地域に在住の方は、退院後に音入れというパターンもあるそうです。
・マップ(音のプログラム)についての説明
・人工内耳の聞こえについて
・リハビリについて
・費用、個人負担について。
 人工内耳セットが約400万。
 これが健康保険の適用や高額療養費制度、心身障害者(児)医療費助成などで
 最終的にかかる費用は、約10万ほど。

» 続きを読む

徳島の人工内耳の会は携帯電話網やFAXでご連絡いただいたりしていましたが、こちらも併用して活用できればと思います。
lbg
耳マーク全難聴