| Next»
聞こえにくい方、聞こえない方、私達を助けてくれる方へ・・・

聞こえに関する情報、勉強会の報告、ニュース、機器に関するレポートや福祉のあり方まで、自分の耳にとって何か朗報はないかな。

そういう気持ちからコミュニティを立ち上げました。

病院の事、難聴の悩み、交流会など、文字からの参加でOKです。

みんなでより良い難聴ライフを楽しみましょう。

そして私達を支援してくださる皆様、ご参加お待ちしています。

» 続きを読む

慶應義塾大学(慶応大)は1月10日、米国ハーバード大学との共同研究により、手術による薬剤の内耳局所投与により、過大音曝露による難聴の後に「蝸牛外有毛細胞」を再生させ、聴力を改善させることに成功したと発表した。

成果は、慶応大医学部 生理学教室の岡野栄之教授、ハーバード大医学部のアルバート・エッジ准教授らの国際共同研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、米国科学誌「Neuron」1月9日号に掲載された。

難聴は全世界的に見ると最も大きな身体障害の原因で、人口の1割以上におよんでいるといわれている。この中でも「聞こえ」のセンサである蝸牛有毛細胞は、加齢や薬剤、音響曝露など、さまざまな原因によって障害を受けることで、難聴となってしまう。

根本的原因として、この細胞には再生能がないため、胎生期に器官形成を終えた後では障害を受けても再獲得することはない、従って難聴はほとんど不可逆であるため、再生医療のよいターゲットと昔からいわれてきた。

人為的に、ある特定の細胞を再生誘導させる1つの方法として、その細胞が作り出される発生時に見られるシグナル伝達=情報伝達系に注目する方法が頻用されている。

[マイナビニュースより]

» 続きを読む

まずはこの画像を見てみて下さい。



他の手書き電話の記事
http://sendai.fwbc.jp/news/2012/20120710/20120710.html
ヒトES細胞を使って聴覚障害のネズミの内耳と脳の再接続が出来たとの事。

聴覚障害の復元が出来たのは初めてとの事

http://www.nature.com/news/human-embryonic-stem-cells-restore-gerbil-hearing-1.11402

2012/09/12 <ネイチャー>より
iPhoneには聴覚障害のサポート機能で、バイブ設定を細かくしたり、通知を光って知らせてくれたりする機能があります。

音が鳴ってても気がつかない私達は
音をまず消しています。最近のスマートフォンのユーザー補助にも同様な機能がありますね。

null
日時  平成24年3月18日(日)
     午後1時30分〜午後4時

会場  阿波観光ホテル 4階
     ダイヤモンドパレス

参加費 無料

障害の有無に関係なく、どなたでもご参加できます。
ご友人やお知り合いをお誘い合わせのうえ、ご来場ください。

※要約筆記も付きますので 聞こえなくても内容は分かるようになっています。

------------------------
主催:日本耳鼻咽喉科学会徳島地方部会
    徳島補聴研究会
共催:株式会社日本コクレア
講演:人工内耳友の会・四国
協力:メドエルジャパン株式会社

お問合せ先:徳島大学耳鼻咽喉科教室内
       TEL 088−633−7169
       FAX 088−633−7170

null

null
年度末特別講演会

■日時 平成24年3月11日(日)14:30〜17:00

■会場 青藍会館(徳島大学医学部)
     徳島市蔵本町3丁目む18番地の5
     TEL(088)633-7109

■主催 徳島補聴研究会 日本耳鼻咽喉科学会徳島地方部会

■共催 徳島県耳鼻咽喉科外来診療研究会

■後援 徳島県耳鼻咽喉科医会

■演題 『補聴器の適合評価について』

■講師 北里大学 医療衛生部リハビリテーション学科
     教授  松平 登志正 氏


◎日程
14:30〜14:50  受付
14:50〜15:00  開会行事

15:00〜16:45  講演・質疑応答
16:45〜17:00  閉会行事

------------------------------------------
参加費 無料

耳鼻科案内にて告知しておりました。
ご関心のある方は自由に参加できるそうです。

null

 大きいちらしはこちらをクリック l
 (2012年2月7日23時15分 読売新聞)東日本大震災で聴覚障害者が避難時や避難先で窮したことから、聴覚障害者を支援するNPO法人「ベターコミュニケーション研究会」(東京都中野区)が、災害時に耳が聞こえないことを周囲に知ってもらうための「お助けシール」を作った。

 夜でも目立つよう発光材を使っており、研究会では避難所に置いたり事前に配ったりできないか、行政や企業などに呼びかけている。

 全日本ろうあ連盟の調査では、東日本大震災で聴覚障害者17人の死亡が確認された。逃げた人も、停電でテレビが見られなかったため津波警報を知って避難したケースは少なく、家族や近所の人に手を引かれるままという人が多かった。

 自身も聴覚障害を持つ中園秀喜・同研究会理事長によると、避難所で「炊き出しの知らせが聞こえず、食事がもらえなかった」という人も。聴覚障害は外見から分かりにくいため、情報が得られないことがあるという。

 シールは「聞こえません 手話(筆談)で教えてください」と書かれた障害者用のほか、「手話でどうぞ 筆談もします」と書いた支援者用も作製。名刺サイズで胸や腕などに貼る。太陽光や電灯の光を蓄え、暗い場所で約10時間発光する。



<読売新聞ニュースより>
【ワシントン=山田哲朗】まじめなのにどこかおかしい科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が29日、米ハーバード大で開かれ、わさびのにおいで火災を知らせる「臭気発生装置」を開発したシームス(本社・東京都江東区)のチームが「化学賞」を受賞した。
 
 同社は、火災報知機が作動すると、わさびから抽出した成分を噴霧、眠っている聴覚障害者も火災に気づく装置を2009年に発売した。正式な授賞理由は「火災やその他の緊急時、睡眠中の人を起こすのに理想的な空気中のわさび濃度の決定、及びわさび警報機発明への応用」で、実験では、鼻づまりの人以外、1〜2分で目が覚めることが確認されたという。
 
 式に出席した開発チームは「次は靴の不快なにおいを消すわさびスプレーを開発したい」とあいさつした。種村秀輝・同社取締役は「世界中の聴覚障害者に商品を知ってもらういい機会だ」と話している。
 
 このほか、「カメではあくびはうつらない」とする研究が生理学賞、「ある種の甲虫は、ある種のオーストラリア産ビール瓶と交尾しようとする」が生物学賞、「なぜ円盤投げは目が回り、ハンマー投げは目が回らないか」が物理学賞に選ばれた。

(2011年9月30日11時12分 読売新聞)

null 
 
yomiuri newsより
聴覚障害のある女性が、聴覚インプラントの移植により、29歳で初めて自分の声を聞いて感激している映像がYouTubeで話題になっています。
 
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1110/03/news018.html
 
人工内耳と混同されている方もいらっしゃるのですが
どうやら外部プロセッサ不要のインプラントです。
なのでそのまま水に入ったりできるようです。

Esteemインプラントの説明
 
Envoy MedicalのHP
2011/07/01にての記事

このアプリ、タイピングやフリック入力を介さずに、アイディアや頭にある言葉をテキストに起こすツールとして使えそうです。

 使い方は簡単。アプリを起動して、録音ボタンを押すだけ。あとは普通の口語で喋り、「、」(てん)や「。」(まる)、改行といったキーワードを織り交ぜながら話しかけると、1セッション60秒まで連続して認識させることができるが、続けて何度も1つの認識させながら文章を完成させることができる。文字列をタップすれば削除、もしくは他の候補を選択することができる他、キーボードを使った修正をすることもできる。

http://www.tarosite.net/iphonestock/dragon-dictation--.htmltarosite.netの記事より

iPhone/iPod touch
およびiPad互換で使用できます。

http://ascii.jp/elem/000/000/588/588266/
 
 
2011/10/15
iphone4sにて、これを試してみました。

かなり使える認識率です。健聴者には入力補助装置的位置づけですが、家族での会話で簡単に要件の受け渡しする時に役立ちます。

電話は常に携帯していて、さらにノート&ペン系がなくてもいいというのがお薦めドコロです。

さすがに阿波弁の
「まけまけいっぱい」は表記間違いしていましたが。
| Next»
lbg
耳マーク全難聴